お父さん審判あるある 【初心者編】

本日は審判初心者の方がやってしまいがちなジェスチャーや立ち振る舞いの話になります。

脱初心者を目指している方や、初心者に見られたくない人に向けた記事になります。

”やってしまいがちな審判あるある 初心者編”

  • アウトコールの時に親指が立っている
  • セーフのジェスチャーがピシッとしていない
  • 打球に対してどう動いていいかわからなくてアタフタする
  • 野手に邪魔とか送球のラインにいて嫌な目をされる
  • タイミングジャッジをしてしまう                              (そして送球を弾いたり、捕球できなくて慌ててセーフのジェスチャーをする)
  • オフ・ザ・バッグのコールをせずにセーフのジェスチャーしたら周りから”え~”と言われる     (タイミングがアウトの際に、野手の足などがベースから離れていたら行うジェスチャー)
  • 2分割の時に1、3、塁審が追いかけない
  • 2分割の時に2塁審が外野の飛球を追う
  • 打球を追い掛けたと思ったら戻ってくる
  • 球審の責任範囲や他の塁審の責任範囲の判定もしてしまう
  • ライトゴロの時に見ていない
  • 打者走者やランナーコーチの声やジェスチャーに釣られてしまう
  • インジケーターを常にいじってる(カチカチ カチカチ)
  • フェアっ!!て声を出してしまう(フェアは声に出しません、ジェスチャーだけです)
  • リクエストやタッグアップなどを振られると挙動不審になる

最後に

特に少年野球の場合、予期せぬプレーが起こる事は日常茶飯事です。

常に100%を求められる酷な役割ですが、誰かがやらないと試合ができません。

少年野球や中学野球は保護者の協力が必要不可欠です。

(最近お母さん審判も増えてきましたね、陰ながら応援しています!)

上記のやってしまいがちな事をやらないようになれば、あなたはもう中級者以上です!!

(根拠はないのですが。。。)

筆者もまだまだ修行中の身なので偉そうなことは言えませんが、

少しでもお役に立てれるよう精進していきます。

皆様の野球道に幸あれ(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました