”1塁への駆け抜けた後について”

審判あるある

皆さんは1塁を全力で駆け抜けた後、”フェアゾーン” か ”ファールゾーン” か

どちらに抜けるのが正しいかわかりますでしょうか?

今日は駆け抜けた後についてお話しできればと思います。

      ”打者走者が1塁へ駆け抜け、判定がセーフとして”

1塁への駆け抜け

皆さんのチームではどの様に教わってきた(教えてる)でしょうか?

昔々の話になりますが当時筆者の在籍していたいたチームでは、

駆け抜けた後はファールゾーンへ、フェアゾーンに行かずに1塁へ戻りなさいと教わりました。

何の疑いもなくここまで過ごしてきましたが、

お父さん審判として勉強しているうちにある事に気が付きました。

  • 駆け抜けた後は、”フェアゾーン”、”ファールゾーン”は関係ないこと、
  • フェアゾーンに駆け抜けた後に触球(タッグ タッチ)されてもアウトにならない事

※判断の基準は、次の塁へ進塁の意思を見せたかどうかと駆け抜けた後にただちに1塁へ戻っているかになります。

※小学生の部や、初めて野球をやりだして間もない時にはどこまで細かく教えるかは指導者やチーム方針によります。

1塁駆け抜けて”セーフ”の場合でもアウトになるケース

  • 駆け抜け後 ただちに帰塁しなかった場合(駆け抜けた後は速やかに1塁へ戻りましょう)
  • 進塁の意思を見せた時、(ここがトラブルになる場面です)

進塁の意思を見せたとはいったいどの様な時でしょうか?

筆者も聞かれることがあり、その時は下記で答えております。

ポイント ”1塁を駆け抜けてセーフになった打者走者が”

  • 身体を進塁方向へ向ける、踏み出す
  • 帰塁方向以外の踏み出しやそぶりをした時

判断の基準は明確には書かれていませんが、”審判員の判断で決まります”

”例” 悪送球と判断するや否やに2塁へ足を踏み出して行こうとした後に、

ライトなどのカバーで2塁への進塁を諦めた場合でも、進塁する意思を見せた瞬間から触球(タッグ タッチ)されればアウトになります。

後、良くある勘違いですが ”フェア地域” や ”ファール地域”は関係なく、

駆け抜けた走者が次の塁へ行く意思を見せたかどうかが判断基準です。

最後に

お父さん審判や試合で審判をやる際には”セーフ”のジャッジをした後に駆け抜けた走者をきちんと見とかないとトラブルに発展するかもしれません。

少年野球の場合はあるあるなシーンだと思いますので是非頭の片隅にでも入れといていただければと思います。

野球のルールはほんとに細かく作られていると思います。

それでも年々ルールの見直しにより改正があります。

筆者は三つ覚えたら一つ忘れるので、これからも精進していきます。

皆様の野球道にさちあれです(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました