”野球の戦術 2塁への駆け抜け”

野球の戦術 作戦集

今回は2塁への駆け抜けについてお話しできればと思います。

現状は戦術としては認知されていないかもしれませんが、野球の新しい戦術や常識になる可能性を秘めた”作戦”だと思っております。

今年の2021、高校野球で実践されたチームがあります。

ご存じの方には言うまでもありませんが、ご興味ある方は”2塁駆け抜け”と検索すると実践したチームがわかると思います。

”2塁への駆け抜け” ”なぜ?”

先に結論から申し上げます。

”次の塁へ到達するのが早いから” 

1塁走者が2塁へスライディング(ヘッドスライディング含む)するのと、駆け抜けるのとではどちらが早く2塁に到達すると思いますか?

筆者は”駆け抜け”だと思います。

打者走者から1塁への駆け抜けを想像していただければわかるかもしれません。

もしくは、実際に所属しているチームや本人でタイムを計ってみたらいいかと思います。

”今まではなんでしていなかったの?”

駆け抜け後に触球(タッグ、タッチ)されてもアウトにならないルールは1塁だけに適用されているから。

(進塁の意思がある場合や、ただちに1塁へ帰塁しなかった場合はその限りではない)

簡単に説明しますと、2塁を駆け抜けた走者は2塁の占有権を持つ事になりますが、塁から離れた状態で触球されるとアウトになってしまします。

減速しないまま走っている状態でピタっと塁上に止まれるでしょうか?

想像すると難しいのがわかるかと思います。

2塁には一塁のルールは適用されないので、2塁を駆け抜ける場合は勢いで飛び出た走者が挟まれる(挟殺)可能性が高いからです。

タッグプレーもあるので、現状は2塁へはスライディングするのが一般的です。

”2塁への駆け抜けはどんな場面で有効なの?”

実際にあったケースの場合、

2死 1,2塁 打球は遊撃手へのゴロ、

遊撃手は2塁へ封殺を狙いトスをするも1塁走者は2塁を勢いよく駆け抜け、判定はセーフ。

2塁を駆け抜けた走者はそのまま3塁へ向かうと同時に、セカンドが走者に釣られて3塁へ送球、

2塁走者が2-3塁間で挟まれている間に”2塁走者は一気に本塁へ還り”得点をあげる。

その後2-3塁間で挟まれていた走者はアウトになるが、貴重な得点をあげた。

※スライディングと駆け抜けのわずかな差で捥ぎ取った1点とも言える。

※スライディングでもセーフになった場合1塁走者は2塁止まり、2塁走者も3塁回ったとこでそれ以上進むのは暴走になってしまうでしょう。

”ポイント”

  • 駆け抜けにより”セーフ”になった事、
  • セカンドが塁を飛び出した目の前の走者に釣られて2塁走者をアウトにしようとした事。
  • セカンドの選手も予期せぬ事で戸惑い、”本塁へのケアが厳かになってしまった事”

対策は練れるが、このプレーを日頃から取り組んできた成果が出た瞬間だと思います。

筆者は奇襲ではなく、理にかなうな戦術だと思います。

最後に

いつの間にか頭が凝り固まってしまい、今までの常識を当たり前だと思い込み、

疑いもせずに過ごしていると新しい発見が無くなってしまうのかもしれません。

”今の常識は未来の非常識” もしくは ”今の非常識は未来の常識”と言うべきか、

筆者は野球の探究者でありたいと思う日々でございます。

ほなまた(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました