野球 お父さん審判 塁の占有権について

野球審判講座

皆さんは塁の占有権について正しく理解されているでしょうか?

本日は塁の占有権の中で”一つの塁に2人の走者”が居る状況の解説をします。

少年野球からプロ野球に至るまで起こるプレーなので、今のうちに覚えちゃいましょう。

ポイントを押さえたらグッと理解が進むルールだと思います。

”一つの塁上に走者が二人居る場合”

特に少年野球などでは起こる事が多いい(低学年で)プレーですので、今のうちに正しく理解しておきましょう。

早速ですがここで”クイズ”です。

  • 状況、0アウト:走者2塁、3塁の場面で、投手が3塁へ牽制球を投げました。
  • 3塁走者が飛び出してしまい、本塁-3塁間で挟まれて挟殺プレーになりました。(ランダウンプレー)
  • 2塁走者は本塁-3塁で挟殺プレーの最中3塁へ到達しました。
  • 本塁-3塁間で挟まれていた走者もなんとか挟撃をくぐり3塁へ戻りました。

”2人の走者が同時に1つの塁を占めてはならないというルールがあります”

3塁上に居る走者2人に触球(タッチ)しました。

この場合の判定はどうなるのでしょうか?

答えがすぐに出た方はお見事です♪

結論から言いますと、

2塁から3塁へ達した走者がアウト、

本塁-3塁間で挟まれながらも3塁へ戻った走者はセーフになります。

公認野球規則やルールブックには、前位の走者や後位の走者などで記されていますが、

”ポイント”

要するに、そのプレーが開始された時に走者はどこの塁に居たのか?を考えるとわかりやすくなります。

  • 状況、0アウト:走者2塁、3塁の場面で、投手が3塁へ牽制球を投げました。
  • ※プレーが開始された場面です、2塁走者は2塁の占有権、3塁走者は3塁の占有権があります。

    今回は3塁ベース上に走者が2人いるので、3塁に占有権があるのは3塁走者になり後から来た2塁走者がアウトになるのです。

    ※走者が押し出される状況(進塁の義務)だと塁の占有権が変わります。

    (例、満塁で打者が打者走者になった時)

    その他の状況についてはご要望があれば記述します。

    最後に

    実際審判している時に目の前で起こると一瞬迷ったり戸惑うかもしれませんが冷静に対処しましょう。

    余談になりますが、指導者やコーチ、選手でも理解していない人が多い印象です。

    審判としてその場面に出くわした際は、

    アウトの走者に対して指差しして”you out  / ユー アウト”

    アウトにならない走者に対して指差しして”you sefe /  ユー セーフ”とコールとジャッジをすると誤解を生まなくて済みます。(これができたら審判員から羨望の眼差しを受けます!笑)

    皆様の野球道に少しでもお役に立てれましたら幸いです。

    皆様の野球道に幸あれ(^^)/

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました