野球あるある 実は間違えてる野球用語編 ※随時更新予定

つぶやき

野球の会話の中で実は間違えている用語をまとめてみました。

ご興味ある方や少しでも上のステップを目指している方に向けた記事になります。

※日々更新していきます。

暴投

①暴投=投手による正規な投球の場合のみ使用、投手の投げたボールしか適用しない。

知ったか野球星人
知ったか野球星人

いや~この間はショートの暴投で試合負けちゃったね。

※野手の場合は【悪送球】ですから。

使われる事が多いいですねー。

補足、投手板に触れている時だけ投手になります。

投げた後は9人目の野手って言うことですね。

ファールチップ

②ファールチップ=投手による正規な投球の際に打者のバットに当たった(スイングや打ち出した)後に何にも触れずに捕手のミットや地上に落ちる前に捕球した時に適用する。

知ったか野球星人<br>
知ったか野球星人

いや~この間主審した時にファールチップが当たってさ~、

今でもアザになって痛いねん。

いや、痛いのはあなたですから。。。

そもそも主審=責任審判で、球審とは違いますからね。

(試合中やイニング間などに球審に話しかけたいときは、チーフと呼べばOKです)

コホン、気を取り直して、

打者のバットに当たった後に球審に当たったらファールですからね。

ファールチップは【捕手】が捕らないとチップにはなりませんのでご注意ください。

※余談ですが、ファールチップの際のジェスチャーは、左手で拳を作り、右手で擦る動作をしましょう。(周りにもわかりやすくなるし、誤解が生じない為に必要です)

また、スリーストライク目は打者がOUTになるので非常に重要です。

筆者の昔話ですが、スロットポジションで投球を見ている時に、

(スロットポジション=簡単に説明すると、打者と捕手の間から見る立ち位置)

投球を打ちにいった際に打者のバットに当たり、ベルト付近の少しだけ出てたユニフォームに当たり、捕手のミットにボールが収まった事があります。

打者のバットに当たり、打者のユニフォームに当たった為、ファールの判定をしたら、

守備側の監督から猛抗議があり試合が中断する事がありました。

(それがまたスリーストライク目でターニングポイントだったから尚更でした)

ですが、判定は変わらずファール、毅然とした態度で説明したら理解してもらえました。

球審の合図/ジェスチャーは大事です。

恥ずかしがらずにやり切りましょう。

③ストライクスリー バッターアウトっ!

これはアニメの影響なのか、漫画の影響なのか。。。
正式には【ストライクスリー バッターアウトっ!】のコールはありません。

知ったか野球星人
知ったか野球星人

聞いて聞いて!この間球審してた時に、見逃しでストライクスリーバッターアウトって言って、ポーズまで決めたのに、捕手が取りこぼして打者が走り出しちゃってさ、おいおい何してんって事があってん、、、

ん~と、どこから説明したらいいのか。。。

まず、コールはストライクスリーまででOKです。

振り逃げのある場面でしたら、ストライクスリーのコールをした後にセーフのジェスチャーをしましょう。

(知ってる方も多いいですが、振り逃げ成立の状況で、ストライクボールを捕手が正規に捕球できなかったら打者がバットを振らなくても振り逃げは成立します)

補足、振り逃げが成立する状況は下記になります。

  • 1塁に走者が居ない
  • 2OUTの場面(2OUTの場合は走者が1塁に居ても成立します)
  • ※振り逃げがある場面でも打者が進塁の意思がない(1塁へ進む事を試みない)場合は除きます。

まだまだ書きたいことがありますが今回はこれまでにします。

皆さんが気になっていることや、実は間違って使っている用語などありましたら追記しますので、

是非お問い合わせください、

ほなまた(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました