2塁審 中に入る場面

2塁審編

野球の審判の中で、球審の次に複雑と言われる2塁審。

質問で多いいのがどの場面で中に入るのか?

聞かれることが多いいので、サクッと結論を書きます。

結論:2塁審が中に入るのは、走者無と単独3塁以外 ※例外有

サクッと説明します。

2塁審が中に入る場面は”走者無しと単独3塁走者以外”

以外が重要ですよ!

文字だけですと想像しにくいかもしれませんが、

2塁審が中に入らない場面の方が少ないので、

そのパターンを覚えた方が筆者は覚えやすいのかなと思っております。

2塁審が中に入る場面は非常に多いいのです。

例に挙げますと、

  • 走者、1塁
  • 走者、1,2塁
  • 走者、満塁
  • 走者、1,3塁
  • 走者、2塁
  • 走者、2,3塁

と非常に多く、覚えるのが大変なんです。

私も審判をやりだした頃は、走者がでたら中に入ればいいのねって思ってました。

ですが、走者が居ても中に入らない場面もあり(単独3塁)、考え方を【逆】にしました。

2塁審が中に入らなくていいのが、” 走者無と単独3塁 ”

その2パターンを覚えたらすんなり頭に入りました。

※例外 2塁審が中に入る場面で、内野が前進している時

唯一の例外を説明します。

2塁審が中に入る場面、内野の守備が前進している場合

その場合はセカンドやショートの”守備の邪魔”にならないように下がる必要があります。

図で説明したいのですが、記載の仕方を勉強中なので悪しからず。。。

ほなまた(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました